なかとみ保育園

園のご案内

創立60周年

園の概要1
当園は戦後ほどなくして、山科西野山地域の氏神様であります山科神社の宮司と奥様が農繁期で忙しい氏子の子どもたちを社務所でお預かりされたのが始まりで、多くの子どもたちをお預かりする中で境内地に保育所を建てることを計画され、当時勧修小学校の校舎を譲り受けこの中臣町に昭和29年に園舎が建設され「中臣保育園」が始まりました。翌年には京都市より認可を受け、平成27年創立より60年を迎えるにあたり、社会福祉法人に移行し、新園舎を建設「なかとみ保育園」として新たなスタートを致しました。
園の概要2
これまで同様、常に保育士全員で子どもに寄り添い、「共になかよく、元気よく」の伝統をふまえ、愛のある保育を目指してまいります。  

園長 進藤秀保

保育数

定員95名 各学年 1クラス 全6クラス 約20名づつ

保育時間

短時間 8:30~16:30
標準時間 7:20~18:20
時間外保育 18:20~18:50 (¥100/15分)